マンションセミナーに参加しました  国民の1割がマンション生活

|

11月5日、日本共産党が主催した「マンションセミナー」が大阪市内で開かれ私も参加しました。
 
全国でマンション居住人口が1200万人に達しています。セミナーでは、弁護士の榎本武光氏よりマンションに関連する法律の解説や、NHKテレビの「ご近所の底力」に出演した事のあるマンション管理士の千代崎一夫氏からさまざまな相談事例の紹介がおこなわれました。最後に、日本共産党中央委員会の政策委員の榛田(はりた)敦行氏より「安全、快適で長持するマンションをめざす提言」が説明されました。

 セミナ―に参加して、持ち家でも戸建て住宅と共同住宅のマンションとの条件が違う事がわかりました。例えば、戸建て住宅の場合は、「持ち家の外」は行政が責任を持ってくれます。しかし、マンションの廊下などは、居住者全員の共有物で居住者の責任となっていることがよくわかりました。.
 全国の自治体の中には、マンション住民の要望でスロープ設置に対する助成制度を実施しているところがある事をはじめて知りました。水道設備に対する助成や集会室などの固定資産税の減免など自治体とマンション居住者との在り方についての認識を深める場となりました。

 また、分譲マンションを購入するにあたっての消費者保護の問題でも、販売チラシには、立地や間取りなどばかりで、入居後の管理に関わる情報などはほとんど紹介されていない事がよくわかりました。

 セミナー終了後、党政策委員の榛田さんとお話しをする事が出来ました。榛田さんは、「分譲マンションは、まちづくりに与える影響も大きい上、管理組合の取り組みなどにも困難が多く、行政の支援が求められている。同時に、むかしの長屋のように、人が集まって住む場所としての面白さもあります。マンションが、まちの新しいコミュニティとして豊かに発展していくように、亀井さんも頑張ってください」と激励をうけました。

 これからの議員活動をする上で非常に参考になるセミナーでした。
*****************************************************************************
参考までに
NHK総合テレビ 2004年4月29日午後9時15分に放映された「難問
解決ご近所の底力」で放映された「我慢も限界!マンションの騒音」に
千代崎一夫氏の提案が紹介されています。ぜひ、検索して下さい。

日本共産党 「快適・安心のマンションライフ」
http://www.jcp.or.jp/apartment/index.html

*****************************************************************************

カテゴリ

,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2005年11月 1日 15:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「市政かわらばん2004」です。

次のブログ記事は「第二京阪道路の工事現場を視察しました 橋脚1基約3億円」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01