防犯問題や下水道整備など要望寄せられた市政報告会

|
 4月14日、南部市民センターで定例の市政報告会を開きました。今回は、小泉内閣の医療改悪など国民いじめの現状、園部市長の小泉政治への及び腰の姿勢、定数削減をめぐる動き、党市議団の頑張りで実現した3歳児未満から4歳児未満に年齢が引き上げられた乳幼児医療助成事業、脇田小学校の学童施設の建て替えなど4中校区の主な新年度事業の報告しました。 l懇談の中でさまざまな意見や要望が出されました。


 Aさんから、交番所をいつ覗いてもお巡りさんがいない。ぜひお巡りさんが(交番所に)いつでも居るようにして欲しいと要望されました。  私は、懇談会後、事務所へ戻る途中に交番所を訪ねました。訪ねると警察官がいたので「市民から交番所にお巡りさんが常駐して欲しいと要望された」とお話ししました。私が警察官と思った方は、警察官のOBでした。その方から、市民からの要望があり4月から毎週月曜日から金曜日、午前10時ごろから午後5時ごろまで常駐体制をとっているという説明を受けました。地域の要望を反映して対応してもらったことがわかりました。土日、祝祭日、夜間についても常駐してもらえるように働きかけるようにしたいと思いました。

 Bさんから、門真団地の建て替えは、いつ頃になるのか。みんな建て替えが延期されるとかいろいろなことを言っている。どうなるのかと質問を受けました。また、建て替ると家賃が高くなるのが心配。  私は、現時点で大阪府がどのように考えているかについては把握していないと答えました。たくさんの住民の方の関心事でもあるので大阪府に問い合わして報告したいと答えました。

 Cさんから、(Cさんのご主人が)「家の表でよく演説しているが(亀井あつしの演説を聴いて)話している内容がわかりにくいもう少しわかるように訴えたほうが良い」と言っていた。Cさんは、「『アンタがわからんだけや!』て言うたんや」と言われたので、私は、ご主人が悪いのではありません、私の演説が上手くないからです。たくさんのみなさんに良くわかってもらえるように努力するとご主人に言っておいてくださいと言いました。

 Dさんから、下水道の整備はどのようになっているのか質問を受けました。  私は、門真市の下水道整備は、人口普及率であと1/4程度が未整備になっていることを説明しました。また、市政報告会の会場である南部市民センター周辺の浸水対策として今年度予算で下水道整備工事がおこなわれることを紹介しました。
 他にも、さまざまな意見交換がおこなわれました。今後の議会活動に生かしていきたいと思いました。

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2006年4月 3日 16:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「道理のない定数削減提案と真正面から対決――「頑張ったね」と声かかる」です。

次のブログ記事は「門真南部九条の会が主催した平和ツアーに参加しました―長野県の松代大本営と無言館へ??その1?出発から松代大本営」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01