歩行者の安全対策について 門真警察と枚方土木(府の出先機関)に申し入れました

|

 
 
 
 6月3日、三ツ島府営住宅の赤旗読者宅を訪問しました。訪問の中で交通安全対策についての要望が出されました。

 要望されたのは、
 ?市道島頭太子田線と交差する市立砂子小学校に右折する箇所に横断歩道を東西に設置して欲しい(朝夕のラッシュ時は、渋滞して横断できない)。
 ?府道深野寺方線に設置されている防護柵(2ヶ所)が歩道側に曲がっており通行しにくいので改善して欲しい。
 ?府道深野寺方線の府営下馬伏住宅の50メートルほど西の歩道部分が水路の関係で狭くなっており通行しにくいという声が寄せられました。


 私は、7日の午後、要望された現場を確かめその足で門真警察と枚方土木を訪ねました。

 門真警察で?の横断歩道の設置を要望しました。横断歩道の設置については、さまざまな角度から検討しないといけないのですぐに結論を示せないとのことでした。私は、門真市の交通対策課にも横断歩道設置の要望をしました。

 ?と?については、枚方土木に改善を申し入れました。?の防護柵については、現場を確認し改修することを約束してもらえました。

 しかし、?の歩道の拡幅については現在架かっている橋の部分がどのような構造か図面を見ないと出来るか出来ないか判断がつかないので調査した上で後日、改めて報告するとのことでした。

カテゴリ

,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2006年6月 2日 17:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「31年ぶりに金曜日の朝のマイク宣伝の時間を変更しました」です。

次のブログ記事は「6月議会「建設常任委員会」で質疑」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01