怒り渦まく「介護保険学習会」―門真市南部市民センターで開催

|

 
 
 
 
 
 7月23日(日)、「どうなっているの!?介護保険」と銘打って学習懇談会を講師に元くすのき広域連合議員の中西みよ子党門真市会議員を迎えの門真市南部市民センターで開催しました。 出席者から今回の介護保険料・国民健康保険料の値上げや税金の大幅アップなどに対して、さまざまな声が寄せられました。

主な声を紹介します

○保険料が高くて払えないと言っても、年金から強制的に天引きされる納得できない。

○夜勤の徹夜明けでこの会場に来た。定年退職で年金生活になったが生活を年金だけでは食べていけないので、働くと税金がかかる、腹が立って腹が立って寝ていられない。 私は、5980円。家内は5520円を毎月取られる。介護保険の関係機関に電話をしたら職員が「私もおかしいと思っている。市にもっと働きかけて欲しい」と言われた。

○こんな介護保険なら加入したくない。どんな苦労しても自分の家族に面倒を見てもらいたい。入る自由も、やめる自由も無いのはおかしい。ぼったくりや!

○サービスが減らされて、保険料が上がる。何のための介護保険や。納得できん。2重3重に支払いだけ請求される。

○ここ数年、市の健康診断に行ってない。検査に引っかかって先生から「このままだと足や手が無くなる」と言われても治療代を払うお金が無いから・・・。

○今は主人の社会保険に入っており保険料が少ないが、65歳になると介護保険料が大幅に上がる。収入が減ってから保険料上がるのおかしい。

○高い介護保険料に納得で出来ないので、どうせ却下されると思うが抗議の意味で審査請求をしたい。

いま大切なことは、あきらめない事

 私は、出席者の皆さんに小泉自民・公明政権の下でおこなわれている無茶苦茶な国民いじめの中身(介護保険や庶民増税計画など)、でたらめな税金の使い方(グアム島につくる米軍基地建設費用7000億円など)、税金の集め方(消費税が高齢者福祉に使われないで、大企業の減税の穴埋めになっているなど)をよく知ってもらい、その事をたくさんの人いろんな所で話題にして欲しいと訴えました。  また、くすのき広域連合に保険料や利用料の減免制度をつくらせる為にも、ぜひ日本共産党以外の知り合いの市会議員にも働きかけることや国に対して来年からの庶民大増税の中止を求める請願署名の協力も求めました。

 出席した方から、「近所の人から後で内容を教えて欲しいと言われている」、「みんなどこへ行っても介護保険の話で持ちきりになっている」、「このような学習会をいろんなところでやって欲しい」などとても歓迎する声がたくさん寄せられました。

中西議員の報告内容について一部紹介します。

3年に1度の介護保険料の見直し
    府下平均引き上げ率   35%
    くすのき広域連合     44%
   第2段階が、年金収入80万円以下と市町村民税・世帯非課税で第2段階以外の2つに分けられました。その結果、新第2段階は、前より保険料が低くなりますが、それ以外の段階では、44%の値上げとなっており、高齢者を一層苦しめるものとなっている。

現行の保険料(月額) 見直し後(06年4月?)の
保険料(月額)
値上げ率
第1段階
基準額×0.5
生活保護受給者、老齢年金等 1,659円 第1段階
基準額×0.5
生活保護受給者、老齢年金等 2,396円 44%
第2段階
基準額×0.75
住民税世帯非課税 2,488円 第2段階
基準額×0.5
本人の年金が年80万円以下 2,396円 △4%
第3段階
基準額×0.75
住民税世帯非課税で第2段階にあたらないもの 3,593円 44%
第3段階
基準額×1.0
住民税本人非課税 3,318円 第4段階
基準額×1.0
住民税本人非課税 4,791円 44%
第4段階
基準額×1.25
住民税本人課税(200万円未満) 4,147円 第5段階
基準額×1.25
住民税本人課税(200万円未満) 5,989円 44%
第5段階
基準額×1.5
住民税本人課税(200万円以上) 4,976円 第6段階
基準額×1.5
住民税本人課税(200万円以上) 7,187円 44%


介護保険料はどのように決まるのか

*介護にかかる費用の負担割合

1割⇒本人負担

   9割⇒?税金=国20%・大阪府12、5%・門真市12、5%=45%

        (50%)  調整交付金5%⇒高齢者の多い市町村に厚く、少ないところは薄い

                           くすのき広域連合では16年度2.78%

    ?保険料=40歳?64歳31%・65歳以上19%(高齢者の割合で期ごとに変わる)

        (50%)

* 65歳以上の保険料の基準額の計算

介護保険給付事業にかかる総費用×65歳以上の負担分(19%)÷65才以上の高齢者数

* 問題点

・ 国の負担金は、本来25%なのに20%しかなく残り5%は調整交付金となっている。きちんと25%負担すべき。

・ 介護保険以前は、国の負担は50%だった。せめて、30%にし、保険料を下げるべき。

なぜ、今回大幅な値上げとなったのか

? 高齢者の増加=介護サービス利用者の増

    12年     13年   14年    15年    16年    17年     18年

高齢者数 46,311人 49,218人 52,140人 54,960人 57,607人 60,660人 62,628人

高齢化率 13.3%   14.2%   15.1%    16.0%   16.8%   17.8%   19.2%

介護認定 4,955人  6,111人  7,182人  8,261人  9,396人  10,267人 11,362人

給付費  61億円   80億円   94億円  106億円  119億円*124億円 *146億円

実質収支 6.8億円  2.4億円 6,155万円 2,455万円 3,036万円 

■17年度 大阪府財政安定化基金より7174万4千円借りる

? 今まで、一般施策で行っていたサービスが地域支援事業として介護保険に入れられたため

  ねらい:国の支出を減らす

* 今まで市が行っていたものがくすのき広域連合に移行した事業

  ・ 紙おむつ事業(介護3・4・5の方で月額4千円まで)

  ・ 配食サービス(1食 400円)

  ・ 高齢者生活指導短期宿泊事業(短期間、特別養護老人ホームなどに宿泊)

  ・ 徘徊高齢者探知システム運営事業(探知機の貸与、月額約1000円)

  ・ 家族介護慰労金支給事業(介護4・5の方、年間10万円)

・社会福祉法人介護保険利用者負担軽減(年間収入150万以下・利用料が1/4)

   ・相談事業

   ・機能訓練⇒通所型介護予防事業

*(費用負担)資料?

今まで国・府・市が負担していたものが国・府・市・保険料となる

? 高齢者の非課税措置の廃止・老年者控除の廃止・公的年金控除の縮小など税制改正が行われたため

(例)今まで非課税だった方が課税になった場合

   これまで第2段階で年間 29,850円だったものが新5段階71,870円と一挙に2.4倍

   そのため激変緩和措置があり(ただし、所得で125万以下の方のみ 

18年度52,320円(+22,470円) 19年度62,090円(+9,770円)

20年度71,870円(+9,780円)となり、毎年値上げとなる

? 貯金がなくなり繰り入れができない

 第2期の場合、当初10、5%の値上げの予定だったが、4億円、貯金を取り崩し4%の値上げに抑えたが、今回は貯金がほとんどなし 

? 一般会計からの繰り入れをしなかった

 千葉県浦安市 18年度1億6450万、19年・20年度とも2億5600万円を一般会計から繰り入れ。月3081円から4533円となるところを3780円に抑える

介護保険料の値上げに対しての議員の態度

 日本共産党 ・17年12月議会で各市から負担金を求め値上げ幅を抑えよと一般質問

      ・18年2月15日:宮本たけし議員同行で繰り入れや減免制度を申し入れ

くすのき広域連合議会 3月議会で保険料値上げを含む18年度予算に反対したのは

16人中(議長は除く)3人のみ(守口:杉本(共産党)・三浦(さわやか守口)門真:中西(共産党)

介護保険料減免制度⇒一般的にはなし

? 特別の事情がある場合のみ

災害により損害をうけた場合、または長期入院や生計中心者の失業等で著しく所得が減少した場合、保険料が減免

?国保のように国の低所得者減免(所得に応じて7割・5割・2割減免)なし

?市独自の減免制度:大阪府下で32市町村が実施しているのにくすのき広域連合では実施せず。 松原市では1・2・3・段階の保険料をそれぞれ半分に。柏原市など21市では2・3段階を第1段階の保険料に減額。

あきらめずに運動を

? 保険料の決定に異議あり:不服申し立てをしょう!資料?

(保険料決定通知を受け取ってから60日以内)

介護保険法183条:保険給付・保険料などに関する処分に不服がある者は、介護保険審査会に審査請求をすることができる

不服審査請求の流れ

大阪府介護保険審査会に審査請求書を提出(門真市役所・高齢福祉課でもよし)

                    ↓

くすのき広域連合が「弁明書」を介護保険審査会に提出

                    ↓

         請求人が「反論書」を提出  

                    ↓⇒要望すれば口頭意見陳述もできる

         介護保険審査会の開催

                    ↓

                   裁決 

「認容」 審査請求人の主張が認められた時 「棄却」主張が認められない時

「却下」審査請求が期間経過後であったり、請求理由がないなどの要件を欠く場合

? くすのき広域連合に保険料減免をつくらせる運動を

? 来年度市会議員選挙・7月参議院選挙できびしい審判を

保険料は値上げしながらサービス利用は後退

? 17年10月から居住費・食費が自己負担に→払えず全国で1000人が退所

? 要支援ではよほど困難な場合でなければヘルパー派遣されず

? 要支援・要介護1までの軽度者から電動車いすやベッドを取り上げ

? 要介護1?5の人でもヘルパーの生活援助は1時間以上やっても報酬は同じとなり短時間に

カテゴリ

,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2006年7月 4日 17:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏の高校野球 門真なみはや高校が2回戦もコールド勝ち」です。

次のブログ記事は「脇田小学校北側の夜道を明るく改善」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01