メキシコ独立記念日のお祭りにいってきました

|

 
 
 ラ・サイエ大学学生音楽グループ「エストウディアンティ・ラ・サイエ」の民族音楽を聴く聴衆
 9月17日、河原林まさき弁護士のお誘い受けてメキシコ独立記念日(詳しくは)を祝うイベント「フィエスタ・メヒカナ大阪2006」(詳しくは)の会場となった新梅田シティ・ワンダースクエア、梅田スカイビルに妻と出かけました。

 台風13号の影響で時より小雨のちらつくお天気でしたが会場は、メキシコの民族音楽やダンスにとても盛り上がっていました。

 河原林さんと夫人のグロリアさん、私の妻も踊りの輪に入りラテンのリズムを楽しんでいました。(私は、恥ずかしいので踊りには参加しませんでした)

 タコスなどメキシカンフードの店のオーナーのお話によると同じラテンアメリカの国々のイベントが今回の会場で開催されたが最も盛り上がるのがこの「フィエスタ・メヒカナ大阪」であると教えてもらいました。

 私は、リズムカルな音楽を聞いたりダンスをみながら、みんなが楽しく歌ったり踊ったり出来る「ラテンの集い」を門真でも出来たらいいなと思いました。

 私と妻は、会場となった梅田スカイビルの「空中展望台」から大阪のまちを眺めました。展望台から観た大阪のまちは、高層ビルなど建物ばかりが目に入り僅かに大阪城公園や鶴見緑地などが目に入る位で改めて大阪の緑の少なさを実感しました。

 お土産に、メキシコの「コロナビール」を買い会場を後にしまし

ダンスを楽しむ河原林夫妻


カテゴリ

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2006年9月 4日 17:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「軟弱地盤に対応する発泡スチロール土木工法などを視察」です。

次のブログ記事は「「四宮区画整理事業地内の歩道不法占拠問題」など質問」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01