チャンコ鍋に舌鼓―深北治水緑地に集う

|



 10月22日、日本共産党南部・門真団地後援会は、恒例の「秋のリクレーション」を府立深北緑地でおこないました。  事務所から現地まで、マイクロバスのピストン運転をおこない参加者の送迎をしました。  新井会長と私の挨拶で始まり、ビンゴゲーム、乾杯と進み、元大相撲力士の向濱さんの手による本格チャンコ鍋(摺りゴマのたっぷり入った味噌と鳥のツミレ風味)に参加者一同舌鼓を打ちました。参加者の中には、このチャンコ鍋を楽しみに参加した人もいました。  偶然、会場で、山下よしき元参院議員の夫人と出会いました。山下夫人は、子どもさんの関係の集まりでこられたそうです。突然でしたが、ご主人の代わりに参加者に挨拶をしてもらいました。  爽やかな緑地で楽しいひと時を過ごしました。


 
チャンコ鍋を作ってくれた向濱さん(左側の青年)
 
 
 
ビンゴゲームをする参加者
 
 挨拶をする山下夫人(私の右側)、宮本・山下リーフを配る新井会長(私の前)
 
 
 文字当てクイズに盛り上がる参加者。ボケと突っ込みでみなさんを盛り上げる福山さん(右側)と中島さん(紙を掲げている左側の人)。ちなみに書かれている文字は「結婚の日取り(婚の字の日が取ってあるから)

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2006年10月 2日 17:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「歩行者の安全対策について」市に申し入れをしました」です。

次のブログ記事は「私の高校時代の体験――教育基本法があるからこそ出来」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01