「これはいかんな」と他会派議員―水路不法占拠問題で

|








水路敷きにピンク色の塗料を塗り、白い門扉を設置している。(脇田町)


 6月14日に開かれた建設常任委員会の所管質問(議案以外に通告をすると認められる質問)で、左の写真に写っているとおりの公共水路敷きを取り込んで自らの敷地のようにしている問題を取り上げました。

 市の担当課に、この状態をどのように考えているのか、今後どのように対処するのか質問をしました。

 市担当課は、「指摘された門扉は、許可条件以外であり、これがあることにより、水路の維持管理に支障をきたすことになる」、早急に撤去するように、指導していく。また、場合によっては、自治会などの協力を得ながら対処していきたい」と答弁しました。

 私は、「今回示した箇所以外にも、かなり水路敷きで目に余る不法占拠が見受けられる」、「申し入れをした時は、速やかに対処して欲しい」と要望し質問を終わりました。

 委員会終了後、興味を持った他党会派の議員が「写真を見せて欲しい」と言うので見せたところ、「これはいかんな!」と異口同音に言ってました。


カテゴリ

,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2007年6月 2日 18:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「技術提案型競争入札方式」の問題点を指摘」です。

次のブログ記事は「多重債務者相談窓口開設を求める一般質問」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01