「淡水化プラント」は今・・・――佐世保市視察報告

|
亀井「カメちゃん。1月29・30日、寝屋川北部流域下水道組合の視察で長崎県佐世保市の中部下水処理場と針尾下水処理場に行ってきました」亀井冬1.jpg
カメちゃん「そうですか。佐世保市てどんなところ」

亀井「長崎県の北部の人口26万人の都市で、明治時代から軍港として栄えたところで、アメリカ海軍の空母の基地にもなっているところなんよ」「それと、ハウステンボスがあるところ」

カメちゃん「門真とは、どんなところが違うの」

亀井「門真は、平坦やから下水が少し勾配をつけるだけで流れるけど(自然流下方式)、佐世保市の場合、『地形に高低差がありポンプを使わないと下水処理が出来ない。このポンプの電気代が年間6000万円必要』と説明を受けたんよ」
 
カメちゃん「門真とは違う苦労があるんやなー」「ところで、どんなこと視察してきたん」

亀井「3つあるねん。?下水処理場で出る汚泥を溶かして有効活用する施設(汚泥溶融処理施設)、?高低差のある地域の下水道システム(圧力式下水道システム)、?下水処理された水の再利用(水環境設計)について視察したんよ」
冬亀全身楽.jpg

カメちゃん 「汚泥溶融処理施設』て何をしているところ?」

亀井「中部下水道処理場で13年前から稼動しているそうで、下水処理により発生する汚泥を、溶融スラグ(粗い砂状)にする施設なんよ。(1400度の高温で溶かして冷やすことによって約1/30に量が減る)」「毎日30トン処理しているんやて」 カメちゃん「上手いこと行ってんのん」

亀井「なかなか苦労したはるそうやわ」「溶融スラグを加工して、インターロッキング(歩道によく敷き詰められているレンガ)や盆栽鉢などに加工して販売先を探しているけどあんまり売れてへんね」「溶融スラグは、鉄分が多いために普通のインターロッキングに比べて重くて使いにくい」「それと溶融スラグの置き場にも苦労しているみたい」
カメちゃん「そら大変やなー。これからもその『汚泥溶融処理施設』続けるの?」

亀井「施設建設に30億円以上の費用がかかったそうや」「けど今、続けるか、止めるか検討してるそうや」「この汚泥処理については、全国各地の市町村も有効利用についていろいろと研究しているんよ」
200801sisatu2.jpg (左の写真)私の後ろの施設が汚泥溶融処理施設。 (下の写真)施設が海岸沿いにあるので下水に海水が混じる。満潮・干潮で塩分濃度が変わるために溶融スラグの色が変わる。
200801sisatu3.jpg200801sisatu5.jpgカメちゃん「『圧力式下水道システム』てどんなシステム?」

亀井「針尾下水処理場は、1992年にオープンした『ハウステンボス』に合わせて供用を開始した施設で、『ハウステンボス』が海を埋め立てた低地に対して、処理場は高台に位置した場所やから自然流下方式では無理なため、3戸?5戸に一ヶ所の割合で道路の下に埋設された『GP(グラインダーポンプユニット―破砕機付ポンプ)』というもの(左の写真)に、各戸からの流入汚水を溜め、一定の水位に達した時にポンプが働き中継ポンプ場を経由して下水処理場に圧送する方式を採用してるんよ。(佐世保市発行パンフ参照)」

カメちゃん「どのくらいの稼動なん」

亀井「『ハウステンボス』の来場者数が予定の1/3程度しかないため稼動率は計画を下回っているみたい」

カメちゃん「『水環境設計』は、どうやったん」

亀井「今回の視察で、とても残念やったことがあるんよ」 カメちゃん「どうしたん」

200801sisatu4.jpg 亀井「視察をするにあたってインターネットで調べたら、針尾下水処理場には、海水を真水にする施設があると紹介されていたんよ。ところが現地で尋ねると『現在稼動してません』と言われたんよ」

左の写真が「淡水化プラント施設」)

カメちゃん「へー。そら又なんで?」

亀井「海水を真水にする為の経費が高いねん。『淡水化プラント』施設に3億円かかり、この施設の減価償却費を含めると経費倒れになってしまうから」「実際に使用されたのは、1994年と1995年の水不足の2年間だけやったみたい」「今は、メンテナンスをしていないために使用不能なんやて」

カメちゃん「もったいない話やな・・・」

亀井「佐世保市発行のパンフには、〔ハウステンボス〕では、佐世保市の慢性的な水不足問題に対して、資源の有効活用の観点から中水道システムを採用しています。下水処理施設で処理された生活排水を、高度処理して中水として再利用し、余剰水については、公共水域(大村湾)への放流はせず、土壌浸透処理をしている』と書かれてるだけで、『淡水化プラント』のことは記述されてなかった」「寝屋川北部流域下水道組合でも東大阪市にある鴻池処理場内については、処理水をトイレや散水等には使用してるんよ」

カメちゃん「行政視察に行って勉強したことを、これからシッカリ市政に生かしてや!」

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2008年1月31日 11:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第二京阪道路建設の橋脚部分の鉄筋工事状況(門真三ツ島)」です。

次のブログ記事は「「戦争放棄の憲法9条」が大切と思ったアメリカでの生活」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01