静かに始まり、静かに伝え、静かに終わる、「無言館」の成人式

|

200805無言館成人式1.jpg
亀井「カメちゃん、5月4日、長野県上田市にある戦没画学生慰霊美術館『無言館』の成人式の見学をしました」

カメちゃん「なんなん『無言館』の成人式て?」

亀井「今年で、6回目になるんやけど、この美術館に展示されている、志半ばで戦地に散った画学生たちの絵の前で、記念すべき二十歳の門出を迎える成人式やねん」(『無言館』第6回成人式へのお誘い」参照)

カメちゃん「どんな中身やったん?」

亀井「美術館の職員の人が司会をして、ゲストにマラソンランナーの有森裕子さんがメッセージを、画家の水村喜一郎さんが絵葉書を、28人の全国から(大阪をはじめ関西からもたくさん)参加した成人に一人ひとり手渡しをしてました」「そして、無言館の館主窪島誠一郎さんが『無言の詩(うた)』の朗読」「黒坂黒太郎さんのコカリナと矢口周美さんの歌とハープ演奏がありました」「お誘いの文章にもあったけど『形式的な式でない』、静かに始まり、静かに伝えたいメッセージをシッカリ伝え、静かに終わる、そんな成人式でした」



200805無言館成人式2.jpg
カメちゃん「なんで又、その成人式に参加したん?」

亀井「テレビで窪島誠一郎さんが、無言館の成人式の話をしたはったんよ」「たまたま、次の日に、みんなで話をしてたら同じテレビを見てた人がいて、『いっぺん見学に行こか!』ということになって、私の家族全員と友達4人の8人で行くことになったんよ」


カメちゃん「いつも聞くけど、感想はどうやったん」

亀井「金メダリストの有森さんが、『自分から考えを発しないと誰も振り向いてくれない』と言われたんが心にズシリときたわぁ」「『黙ってても誰かが何とかしてくれる』なんて思たらえらい事になる、同時に、自分の考えをシッカリ持って、流されることなく自分をアピールしないとダメですよと言うことやと思いました」



200805無言館成人式3.jpg
カメちゃん「水村さんのメッセージは?」

亀井「画家の水村喜一郎さんは、ユーモアとピリッとした内容の、厳しい人生を歩んだ人でないと言えん話やった」

カメちゃん「亀井さんの好きなそうなタイプの人やなぁー、それは」

亀井「そやねん」「水村さんの話は、カマシから始まりました」「『いい話は、手短にするもの』『長い話にろくなものは無い』と言われたんよ、ビクッとしてん、自分のこと言われたみたいに思いました」

カメちゃん「面白そうな人やね」

亀井「『考えるだけではダメ!行動することが大切』『二十歳の時、生きるか死ぬか考えた』『そして、死ぬのではなく、生きていくことを決めた』」「そして、『自分の置き所を考え、お互いに一生懸命に生きようよ』と淡々と言われたんよ」


200805無言館成人式4.jpg
カメちゃん「黒坂黒太郎さんと矢口周美さんは、ご夫婦なん?」

亀井「その通りです」「息のピッタリあった演奏でした」

カメちゃん「オカリナと違うのん?」

亀井「オカリナは、一般的に土を素焼きにした楽器で、コカリナは、ハンガリーで生まれた、木で出来たオカリナやそうなんよ」

カメちゃん「感想は?」

亀井「温かみのある、染み渡るような、うまい事言えんけど深みのある歌と演奏でした」「矢口周美さんのアカペラとハープも良かったよ」「『鳥の歌』のCDを持っているけど、恥ずかしいけど、今回はじめて意識して聴きました」

カメちゃん「そらアカンがな」

亀井「もういっぺん、家で『鳥の歌』聴きなおします」


カメちゃん「窪島さんの詩の朗読はどうでしたか」

亀井「もちろん詩の朗読もあるけど、それより、この『成人式』に流れる窪島さんの平和への想いを感じた」「この『成人式』に触れることが出来てよかった」

カテゴリ

, ,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2008年5月 6日 01:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「安いガソリン求めR163号線?門真団地以南2キロ以上渋滞」です。

次のブログ記事は「年金の「脱退手当金」もらってないのに、もらったことに?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01