「門真市民プラザ」を大阪国際大学誘致対象施設にしないで!!

|

 9月29日、9月定例市議会の最終日に本会議場で一般質問をしました。
亀井夏1.jpg 一般質問の内容は次のとおりです。
(1)門真市民プラザの充実について
?オープン以来、どれだけ利用されているか
?楽器演奏などが気兼ねなく出来る防音施設ある部屋を作ること
?多目的施設を充実すること
?「河内レンコン」をテーマとした資料室を設けること
?敷地全体の活用
?市民が中心に運営する「門真市民プラザまつり」の提案
(2)開設して1年しか経過していない門真市民プラザを、大阪国際大学の誘致対象施設とする話が出ているが、本当か
(詳しくは、質問と答弁をお読みください)

南高校舎1 のコピー.jpg 今回の一般質問は、ある市民の方から、「園部市長が、『門真市民プラザ』に大阪国際大学の人間科学部スポーツ行動学科とかを誘致するらしいよ」と言うお話を聞いたのがキッカケでした。門真の文化・スポーツの各種団体の皆さんにもお聞きすると「そうらしいなぁー」と言うことでした。
 市民に待ち望まれていた「門真市民プラザ」は、昨年の5月にオープンしました。(門真市民プラザの紹介記事)
 オープン以来18万人が利用されています。このように多くの市民に使用されてきていますが、利用している市民の方はもっと「門真市民プラザ」を充実して欲しいと期待されているのです。ところが、市長は、市民や市議会に大学誘致対象施設として話をしていません。門真市の将来にとってとても大切なことが、市議会になんら説明も無く(他党会派の議員も「噂話は聞いているが、ちゃんとした説明は受けていない」との話)、こんなことは絶対に許せないことです。

 このような話を聞いた多くの市民は、「園部さん、せっかく出来た市民プラザは、自分のもんやと思てるのと違う?」「少子化の中で、よっぽどエエ条件出さんと大学誘致なんか出来るかいな」「大学が来てくれると、どれだけのメリットあるんかいな」「なに考えてるの!アカンよそんなこと」との声が聞かれます。

第1回目の質問を終えて自席に戻る途中、他党議員から「いまの質問良かった」と声をかけてもらいました。思わず「ありがとうございます」と言いました。ぜひ市民の期待にそって施設の充実をして欲しいものです。

カテゴリ

, , ,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2008年9月30日 20:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本共産党南部門真団地後援会ニュース9月号 №127」です。

次のブログ記事は「―三度目の正直―秋晴れの下で門真第4中学校体育祭開かれる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01