「守口・門真ジャズフェスティバル’09」に行ってきました

|

夏亀全身喜.jpg
カメちゃん「亀井議員、『守口・門真ジャズフェスティバル』に行ってきたん?」

亀井「家族と友達の6人で行ってきました」「初めてやってん」「行って良かったわぁ!」

カメちゃん「ジャズ・・・、亀井議員とチョッとイメージ合わんの違う?」

亀井「ジャズのこと、ほとんど知らんもんなぁー」「ただ、昔から、これと言えるジャンルは無いけど、音の中に入るのは好きやねん」「気持ちが落ち込んだ時や、ムシャクシャした時、チョッと大きな音量で音楽聴くとスーッとするねんよ」

カメちゃん「その気持ち、分からんことはないなぁー」

亀井「そやろ・・・」


090906守門ジャズ3.jpg

全国各地からジャズ演奏者が集う


カメちゃん「チョッと脱線したけど、どうでしたか?」

亀井「今年で9回目の開催やったんよ」「今回のジャズフェスティバルへの出演希望者が200組あったそうで、その中から80組のグループのみなさんが選ばれたそうやねん」

カメちゃん「へー」

亀井「北海道から九州まで、全国各地から来られたそうなんよ」「京阪古川橋駅の南口やサンジョゼ広場、駅周辺の喫茶店などが会場になっていて、街を歩いていると、アチコチからジャズが聞こえてくるんよ」

カメちゃん「いつもの、古川橋駅前周辺とはチョッと雰囲気が違う感じやなぁー」

亀井「楽器を肩からかけて歩いている人、演奏風景をカメラ撮影している人、演奏に合わせて体でリズムを取っている人、語らいながら曲を楽しんでいる人・・・」



090906守門ジャズ1.jpg

楽しく勉強になった「ゴージャスなヒストリーオブジャズ」

カメちゃん「有料コンサートも良かった見たいやね」

亀井「そやねん、古谷充をはじめ日本のジャズ界の一流の奏者のみなさんが、ジャズの歴史を演奏してくれるんよ」
カメちゃん「フーン」

亀井「やっぱり生演奏は違うなぁー、カセットやCDとは違う臨場感と迫力、奏者の人柄と思いが伝わるもん」

カメちゃん「大阪国際大和田中学校高等学校吹奏楽部も演奏したそうやね」

亀井「はい、話によると『ハンバーガー』のようないろいろな楽器、音色が重なり合った演奏を目指してるそうなんよ」

カメちゃん「面白い表現やなぁー」

亀井「若人の一生懸命の姿は、エエモンやね」

「市民協働のまちおこし」のモデル


カメちゃん「これだけの取り組みをやるには、かなりのみなさんの力があらへんと無理ちゃうのん?」

亀井「そやろなぁー」「かなりのエネルギーが必要やと思います」「街頭で配布されていた案内パンフに、守口・門真ジャズフェスティバル実行委員会の林一朗会長が『今後とも、守口市、門真市が協力して楽しい町おこしになれば幸いです』と挨拶文に載ってたんよ」「『市民の手で、全国に発信していく』ものすご大切なことやと思います」

090906守門ジャズ2.jpg
090906守門ジャズ4.jpg

カテゴリ

,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2009年9月 8日 22:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初秋と夏が同居する「ハスの花」―奈良・円成寺を訪ねました」です。

次のブログ記事は「日本共産党南部・門真団地後援会ニュース9月号 №138号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01