入札問題など質問―総務・水道常任委員会

|

秋亀全身笑.jpg

カメちゃん「10月24日に開かれた総務水道常任委員会は、どやったん?」

亀井「条例では、消防団員等公務災害補償条例が、法律の改正に伴い字句修正があったんで、それに伴って門真市の条例も字句修正したんと、国の補正予算に伴う門真市の補正予算の審議をしました」

カメちゃん「補正予算では、どんなモンがあったん?」

亀井「小中学校で設置されているAEDを公共施設全てに備え付ける補正予算や市税滞納整理支援システム、民間業者に市税納付勧奨をさせるコールセンターの設置の補正予算とかがありました」

カメちゃん「亀井議員は、どんな質問したん?」

亀井「補正予算案では、『市税滞納整理支援システム、民間業者に市税納付勧奨をさせるコールセンターの設置』の質問しました」「それと、『水道局の工事契約』問題について所管質問しました」

亀井秋1.jpg

 「偽装請負」「官製ワーキングプア」要チェック


カメちゃん「ほな、補正予算から聞かせてもらいましょか」

亀井「エライ、尋問見たいやね」「質疑したのは、市税滞納整理システムと市税徴収コールセンタの補正予算で、?民間の業者に任すと、いま世間で問題になっている『偽装請負』になるのん違う??民間の業者が電話で督促するするのんは、『公権力』の行使になるのと違うか??個人情報の漏洩することないか?と聞きました」

カメちゃん「そしたら?」

亀井「3つとも問題ないと答弁でした」

カメちゃん「ホンマかいな!」

亀井「だいたい、ホンマは職員がする仕事を民間業者にドンドンやらしていくことが問題なんよ」「小泉『構造改革』からこっち、『民間で出来ることは民間で』あれからきて、法律・ルールを都合がいいように変えたやろ」

カメちゃん「役所もその『偽装請負』と言われんようにしてるさかい、問題ないと言う訳やねんなぁー」「『官製ワーキングプア』アカンもん」「そんで、態度はどうやったん?」

亀井「滞納徴収に当たっては、納税者の実情をよう考えて、市民が得心いくように、絶対に公権力の行使にならんようにして欲しいと要求した上で、賛成しました」

カメちゃん「いわゆる消極的賛成やね」「まあ、税金を納めるのは義務やさかいに・・・」

亀井「痛いとこ突くなぁ・・・」


本庁と統一するはずやった水道局の「入札・契約業務」が・・・


カメちゃん「もう1つの、水道局の話も聞かせてんか」

亀井「『建設業法22条の一括した請負問題』と『経営事項審査結果通知書問題』を取り上げたんよ」

カメちゃん「何のことかサッパリ分からん」

亀井「法律で、市から仕事を請け負うた会社が、複数の下請け会社に発注せんと、1社に丸投げしたらアカン事になっているんよ、それと、経営状況をシッカリとチェックして後で困らんようにしなさいよと、注意を喚起したんよ」

カメちゃん「それで、どうなったん」

亀井「チャンとやってると答弁がありました」

カメちゃん「ホンマかいな」

亀井「質問の中で、誤解を招かんようにする対策を尋ねたら、『下請通知書』を本庁と同じ様式に変えるて答弁しました」

カメちゃん「それで納得したんか?」

亀井「せんかったよ」「なんでか言うたら、数年前から、契約様式を本庁と同じにすることになってたのに、いまだにしてなかったんよ」

カメちゃん「そらアカンがな」

亀井「そら水道局の怠慢やと指摘したら、次回の契約から、下請金額の概算額を記入する方式に変えるとのことやった」

カメちゃん「亀井議員、議会のチャック機能をもっと発揮してもらわなアカンで」

亀井「わかってます、もっと入札について勉強しまっさ」

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2009年10月 6日 17:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本共産党南部・門真団地後援会ニュース9月号 №138号」です。

次のブログ記事は「消費者行政の充実について一般質問」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01