冷酷な園部市政―「緊急生活援護資金」の借り入れが激減

|

秋亀全身怒.jpg

亀井「カメちゃん、下のグラフ何か解かるか?」

カメちゃん「門真市緊急援護資金て書いてるけど・・・」

亀井「10月13日に開かれた2008年度の民生所管の決算審議で、同僚議員の吉松正憲議員が質問して明らかになった、過去10年間の『門真市緊急援護資金』の利用件数と金額の推移なんよ」

カメちゃん「フーン」「これがどないしたん?」

亀井「よう見てみ」「2005年度から極端に下がってるやろ」

カメちゃん「ハイ、ハイ、ホンマ、ホンマ」「言われてみたら、極端に下がってるわぁー」

亀井「園部市政になってから、極端に下がってるねんよ」

                             *グラフの下に話は続きます


緊急援護資金推移1.jpg


怒って帰る市民


カメちゃん「実際どんな状態なん?」

亀井「不況で会社を辞めた母子家庭のお母さんが、仕事は決まってたんやけど、当座の遣り繰りが立たんで、緊急援護資金を借りに行ったら、いろんな事を根掘り、葉掘り聞かれた挙句、離婚した前夫が緊急援護資金を借りてたからダメと言われ、あんまりの事に、腹が立って、借りんと帰った」「保証人無しで、7万5千円まで借りられるのに、頭から『2?3万円しか貸せません』て言われた」「いま困って借りに来たのに『お貸しできるのは、1週間後』と言われ諦めて帰った」

カメちゃん「ホンマかいな?」「それやったら、『緊急援護資金』違うやんか!」
亀井「吉松議員が、『何でこんなに件数と金額が激減したか』『これで緊急援護資金の目的を果たせるのか』と質問しました」

カメちゃん「そしたら?」

亀井「借りんと帰った理由について、『相談当日借用出来ないなら不要と帰られた方』などと説明して、『本年10月より、その緊急性や実態に合わせ要件該当者への支払いまでの日数を短縮』て答弁したんよ」「けど、借金してたら貸さんとか、あれやこれやと、ハードル作って、借りられんよう、借りられんようにしてるねん」



困っている市民を突き放す ⇒ これが効率優先の園部市政の経営感覚?


カメちゃん「それにしても、園部市政て冷とうて、ムゴイねんなぁー」「そんなやり方、100年前の経営感覚違う?」
亀井秋1.jpg

亀井「そら又なんで?」

カメちゃん「小泉元首相がエライ言うてた『構造改革』といっしょの、世界中で失敗してる『新自由主義』は、儲けの為なら何でも有り、儲け最優先」「働く人を人間扱いせんとモノ扱い、儲けに邪魔になるモノは、切り捨てる」「勝ち組には、優しく、負け組みには、見向きもせん」「困り果てて、藁をもすがる思いで役所訪ねても、冷たく追い返さんばかり・・・」「おんなじやんか!やり方が!」

亀井「そんな見方も出来ん事ないかもしれん・・・」

カメちゃん「シッカリしてや!亀井議員!」

亀井「困った市民が助かる制度にしていく為に「緊急援護資金」の拡充を求め頑張っていきます」「カメちゃんも応援してや!」

カメちゃん「当たり前やがな」

カテゴリ

,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2009年10月21日 23:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「笹との競い合いに負けず、深く根が張るサツキ」です。

次のブログ記事は「日本共産党南部・門真団地後援会ニュース10月号 №139号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01