新年にあたり・・・4回目の転機の年になればと思っています

|

亀井冬1.jpg

亀井「カメちゃん、明けましておめでとうございます!!」

カメちゃん「私の方こそ、明けましておめでとうございます」「どうですか?」

亀井「去年の暮れの25日、足の小指の付け根、骨折しましてん」

カメちゃん「へー、それ又、ドンくさい」

亀井「そんな言い方、あんまり違う?」

カメちゃん「師も走る年末、おまけに、1月13日から『党大会』あるのに・・・」「言うてもしゃあないからそれくらいにしとくけど」「動けん分、何か考えたん?」

亀井「1月3日、宣伝カーを運転してもろて、『新年の挨拶宣伝』は、しました。党勢拡大も、チャンとします」「それと、新年にあたっての抱負を考えてたんよ」



冬亀全身楽.jpg

人生の転機となった「17歳の新年の抱負」を思い出していました


亀井「カメちゃん、私、人生の中で、転機が3回あるんよ、2つ目が、京都生協から大阪かわち市民生協(今のパルコープ」に移籍した時、3つ目が、市会議員に立候補した時、それと、17歳の時なんよ」

カメちゃん「2つ目と3つ目は、何となく解かるけど、『17歳の時』てなんなん?」

亀井「中学の先生に、『お前に向いてる』て言われて、京都府立桂高校園芸科に入学して、一生懸命に花の勉強と花作りしたんよ」「そのうちに、ダンダン自信ついてきたんよ、ダンダン自信のもと

カメちゃん「どんな自信?」

亀井「英語とか数学とかはアカンけど、『”花”の事やったったら負けへん』て思たんよ」「そんで、自分なりに考えてん、『今年は、何にでも前向きに、受身やないようにしていこ』て・・・」

カメちゃん「ふーん」

亀井「それから、『ミックスホームルーム』を出発点に、友達が進学や就職や言うてる時に生徒会活動したり、高校の中に生協を設立しようとしたり、政治に関心持ったり、大学に行きたいと思たりしたんが、この時の『新年の抱負』からなんよ」

カメちゃん「なるほど」


「初心」に戻って、「チャレンジ精神」を


亀井「『いつまでたっても、カメちゃんは変わらんなぁー』て言うてもらえるようにしたいネン


カメちゃん「わかる気がする・・・、もちろんエエ意味やで!」


亀井「今晩から始まった大河ドラマの『竜馬伝』観て余計にそう思た」「『激動の時代、いまガンバランで、いつガンバルねん!』」

カメちゃん「『骨折ったから』は、理由にしたらイカン!北島三郎の『風雪ながれ旅』の世界や!」「『三昧が折れたら 両手を叩け、バチがなければ櫛でひけ』で頑張ってんか」

カテゴリ

,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2010年1月 3日 23:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本共産党南部・門真団地後援会ニュース12月号 №141号」です。

次のブログ記事は「一刻も早く供用開始を!「寝屋川流域下水道・大東門真増補幹線」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01