旧暦の「ひな祭り」―土人形や一刀彫の「お雛様」を拝見しました

|

 地域在住のAさんから、「一刀彫や土人形のお雛様を飾っているから来ませんか」と声をかけていただいたので、お言葉に甘えて訪問させていただきました。

 雛人形とはあまり縁のない私にとって、異空間でした。どの人形も初めてお目にかかる雛人形ばかりでした。温かみがあり、なかにはとてもユーモアー溢れたお雛さんもありました。

 長崎古賀人形、松山の南雲(なんうん)人形、住吉大社裸雛(はだかびな)、但馬の木彫作家松田一戯氏の雛人形、三春の雛人形、山形県鶴岡の土雛人形、、群馬県の野村たかあき氏の木彫雛人形、滋賀県の小幡人形、飛騨の紙屋文二郎氏の雛人形などなど。

 今年は、秩父の旧暦で祝う「ひな祭り」に行かれるとのことでした。

雛15.jpg
雛01.jpg
雛02.jpg
雛04.jpg
雛03.jpg
雛05.jpg
雛06.jpg
雛07.jpg
雛08.jpg
雛09.jpg
雛10.jpg
雛11.jpg
雛12.jpg
雛13.jpg
雛14.jpg
雛17.jpg
雛16.jpg

カテゴリ

,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2010年3月24日 13:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第二京阪道路開―京都へは近いけど、日常生活には、問題や課題が・・・」です。

次のブログ記事は「約115億円の寝屋川流域増補幹線は、第2京阪道路地下河川完成まで使えない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01