大門みきし氏の「母を語る」を読んで ― 同じ頃、同じ様な事が・・・

|


 読み出した思たら、涙がこぼれてきた。5月8日付の「しんぶん赤旗」日刊紙に、「母の日」にちなんで、母への思い出を語ってもらうという記事が掲載されていました。


 大門みきし氏は、54歳、私53歳。私の父は、小学校3年生の時、亡くなりました。私の母は、先斗町で仲居、祇園などでホステスをしていました。


 私の入党の原点は、この母親の姿でした。5月1日「メーデー」に参加--「亀井あつし」の入党の原点


 照れくさいのもあって、なかなか優しい言葉をかける事が出来ず、ついつい出る言葉は、悪態ばかり、そんな息子です・・・


 大門さんの手記を読んで、直接、優しい言葉は、かけませんが、明日は、久しぶりに食事にでも連れて行こうかと思います。




「ふとん」 Am E

父ちゃんは、9才のとき死んだ

そこから話は始まる


母ちゃんは、夜の仕事に入っていった

学歴も無く、技術もない

そやけど俺たちを食わす為に

母ちゃんは、夜の仕事に入っていった


高い着物を着て、厚い化粧をし、プーンとする香水をつけて

「いってくるわ」と家を出た

そんな夜の仕事をする母ちゃんを

いくどとなく、はずかしく思った、いやと思った

道で会った時、人に聞かれた時、どうしたらいいのかわからなかった

そやけど俺たち食わす為に

母ちゃんは夜の仕事に入っていった


夜おそく家の前にクルマが止まる

ドアがあいて、足音がする、そして戸が開く

急に酒の臭いがする、ゲップ、ギョー、フゥーム

ふらふらしながら部屋に入る

そして、じっと俺たちの顔を見て

「あーしんど、この子らがいいひんかったら、もっと楽やのになぁー」

と言いながら、母ちゃんは、俺たちにふとんをかけてくれる


ここで俺は育った、このふとんで

俺にとって、ふとんの臭いは、忘れる事ができない

そして、母ちゃんのつかれた顔を・・・


母ちゃんは、夜の仕事に入っていった

学歴もなく、技術もない

そやけど、俺たちを食わす為に
母ちゃんは、夜の仕事に入っていった


                 1974.10 高校3時代

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2010年5月 8日 19:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「大五郎」を5ヵ月ぶりに引いて宣伝しました」です。

次のブログ記事は「市民のみなさんの活動紹介・・・キーワードは、「環境」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01