大阪府の水道事業からの引き上げ許せん! ― 総務水道常任委員会

|
カメちゃん「亀井議員、総務水道常任委員会どやったん?」「どんな議案があったん?どんな質問したん?どんな答弁やったん?」
亀井「『どやったん?』が多いですね・・・」「6月17日に開催されました。小学校3校の耐震化・増築工事の契約議案、市税条例の一部改正、水道料金の引き下げ門真民報「6月議会議案」、府の責任を府下の市町村押し付ける水道事業団の説明門真民報「水道企業団問題」がありました」「それぞれの質疑をおこないました」

落札業者の経営事項審査は慎重にシッカリと

亀井「契約議案の審議の中で、以前、今回と同じ「郵便入札で落札した会社が工事にかかる前に倒産する事がありました。落札した会社には、経営的に問題はなかったのですが、系列グループの経営状況が悪化し引きずられるように倒産。そんな事がありました」「それで、落札業者のチェックをシッカリして欲しいと要望しました」
カメちゃん「なるほど、当然やなぁー」

増税になる扶養控除廃止や証券優遇税制に反対

亀井「市税条例の一部改正では、『非課税口座内の小額上場株式などに係わる配当所得及び株式譲渡等の非課税措置の創設』などの質疑をおこないました」
カメちゃん「へー?・・・ へー?・・・ナンナンその長い名前?」
亀井「株で儲けた所得100万円まで『非課税』にするという内容です」
カメちゃん「そらアカン!」「近所の奥さんが、パートで働いてもご主人の収入の関係で103万円までしか非課税にならん」「額に汗して働くより、株の儲けの方がエエとなったらやってられんわぁ・・・」
亀井「そうですね」「それに、庶民が貯蓄より投資の方が旨味があると、株を買う、しかし、株は、会社が潰れたら丸損です」「『非課税口座を設けるというなら庶民が銀行に預けたり溜めたりする口座こそ優遇すべきと主張しました」
カメちゃん「ホンマ、ホンマ」
亀井「『扶養控除廃止』に関しては、他党が私の質問と重なったので、『子ども手当て』などの財源を子育て世代への増税でまかなうのは認められないと主張しました」
カメちゃん「そらそや」
亀井「それと、公明党が『扶養控除廃止』について、否定的な質問をしましたが、態度は、討論抜きで賛成しました」「普通、問題点を指摘し賛成する場合、『問題はあるが、こうこうこうゆう理由で賛成する』とするもので、少し違和感を感じました」
カメちゃん「ふーん」

 「水道料金値下げ」党議員団の主張が一定反映

亀井「大阪府の水道料金の値下げに伴い、少しですが水道料金が下がりました」
カメちゃん「金額は僅かでも値下げはエエやんか」
亀井「そうですね」「3月市議会の予算審議の中で、『値下げ方法は、出来る限り、高齢者の一人世帯・二人世帯などに厚くして欲しい。減免制度を』と、水道管の耐震化、40年を越す水道管の付け替え工事の財源にすることを主張していました」
カメちゃん「なるほど」「ほんで、どんなけ安くなるのん?」
亀井「1ヵ月の使用水量10立米?20立米の戸数を対象(全体の73%)に80円、メーター使用料は、全戸数が対象です」

府の一方的なやり方に無批判な市の姿勢 

カメちゃん「『門真民報「水道企業団問題」がありました』この内容か?」
亀井「そうです」「門真民報の記事を読んでもらったら概要はわかってもらえると思います」
カメちゃん「いろいろとやり取りしたんやろ」
亀井「事前に水道局の職員とどのような質問をするかある程度のすり合わせていました。ただ、状況に応じて質問をする事も話しておきました」
カメちゃん「来年の4月という性急な結論あり気の指摘、門真市独自の水道管の耐震化・40年を超える水道管のやり換え、議会の議員が20人は少ないとか質問したみたいやけど、それだけけ違うのんか?」
亀井「基本はそうです、ただ余りにも、水道局長の説明が、府からの説明通りで、問題意識を感じない内容だったので、『危惧はないのか?』と質問すると、『府営水だけでなく自己水(府営水だけでなく地下水など独自に水を確保している事)のある市町村から様々な声が出ている』とどうしてか判りませんが渋々、他の自治体の声を紹介していました」
カメちゃん「門真市としての考えを何で言わんのん?」
亀井「不思議ですね?」
カメちゃん「亀井議員、それ嫌味なん・・・」
亀井「はい」「それと、水道管理者(水道事業のトップ)に市の水道局としての考え尋ねたんです、そうすると、『将来を考えると、40年を経過した水道管のやり換えなど莫大な費用がかかる、ある意味では仕方がない』というような答弁がありました」「水道局長よりは、シッカリしたものでした」「しかし、府が水道事業から引き上げ、府下の市町村に丸投げしている問題に対してなんら言及しませんでした」
カメちゃん「府民税払ろてるんやから、府が府民にとってとても大切な水道事業から撤退するのんおかしすぎる!!橋下知事は何考えてるネン!」

久しぶりに東前市長の時代の委員会質疑を思い出しました 

亀井「水道管理者とのやり取りをしながら、懐かしく思った事があります」
カメちゃん「ホー、また何で?」
亀井「東前市長の時代は、立場の違いはあっても、考え方の違いをぶつけ合いながら、一致する点は認めながらの質疑のやり取りがありました」「ところが、園部市長になってから、市長は、常任委員会に出席しなくなり、出席していた時も、答弁に立つことはほとんどありませんでした」
カメちゃん「なんとなくやけど、その気持ちわかるなぁー」

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2010年6月19日 23:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「6月定例市議会が今日から始まりました」です。

次のブログ記事は「「三ツ島の町名変更を早くして!」「開通した第二京阪道路の問題点」―6月市議会一般質問と答弁」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01