脇田小学校の雨水が道路に流れんように

|
脇田小学校ブロック 2.jpg カメちゃん「亀井議員、左の写真の、溝とフェンスの間の細う伸びてる白いのん、ナンナン?」
亀井「これは、脇田小学校の北側のグランドに降った雨が直接、道に流れ出さないように、ブロックを並べてもらったんです」
カメちゃん「フーン、そうですか?」「また何で?」
亀井「先日、7月13日から14日の未明にかけて強い雨が大阪周辺に降りました」「バケツをひっくり返したような雨が約10分程度降ると、いつも担当地域内をパトロールしています」「この日は、脇田小学校の北側の道路が冠水状態になっていました」
カメちゃん「なんでまた?」
亀井「よく観ると、側溝にある雨水マスが詰まって水が下水道に流れなくなっていました」「それと、道路に降った雨だけでなく、小学校のグランドから大量の雨水が流れ出ていました」
カメちゃん「フンフン、それで」


脇田小学校ブロック 1.jpg 要望に応え教育委員会が機敏な対応

亀井「市の担当課に、『雨水マス』の掃除を依頼し、14日の午後に掃除をしてもらいました」「グランドからの雨水対策については、教育委員会に学校の敷地内の雨水が直接流れ出ないようにする事を要望しました」
カメちゃん「それでどうやったん」
亀井「ちょうど、脇田小学校の耐震改修工事もあった関係か、すぐに教育委員会が対応策を考え、フェンス際にブロックを積んで学校内の雨水が流れ出ないようにしてくれました」
カメちゃん「それはそれは、よかった!よかった!」
亀井「『地域のみなさんと一緒に開かれた学校』にしていく為にも、地域のみなさんに迷惑かけるような事を学校サイドがやってはいけないという認識から、機敏な対応につながったのかも知れませんね」
カメちゃん「ナルホド、ナルホド・・・」

カテゴリ

,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2010年8月20日 23:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「次男が、赤旗に掲載されていた「モヤシあんかけ焼きそば」をつくってくれました」です。

次のブログ記事は「日本共産党南部・門真団地後援会ニュース8月号 №147号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01