門真第四中学校体育館の耐震補強工事終わりました

|
四中体育館耐震補強 1.jpg 四中体育館耐震補強7.jpg 四中体育館耐震補強 2.jpg カメちゃん「亀井議員、4中の体育館エライ化粧直しもして綺麗になってるやんか!」
亀井「はい、先日、耐震の大規模改修工事が終わったところです」
カメちゃん「亀井議員、なんかこの件で頑張ったん?」
亀井「直接ではありませんが、福田議員に建設文教常任委員会の質問に取り上げてもらいました」
カメちゃん「なに取り上げてもろたん?」
亀井「体育館全体も老朽化していたんですが、地盤沈下の影響で、体育館の周りの側溝がグサグサになって排水の機能を果たしていなかったり、階段と体育館本体と離れかけていたり、地面と分離していたりしている箇所も工事の際には改修する事を要望してもらいました」
カメちゃん「なるほど、党議員団の横の連係プレイというやつやなぁ」
亀井「そのとおりです!」
カメちゃん「子どもらの教育環境をもっとようするようにこれからも頑張ってや」

2090年9月定例市議会 建設文教常任委員会での福田議員の質問と答弁(要旨) 

質問
 23年度で完了を目指す(小中学校の耐震工事)ということなんですけれども、あと具体的なところで、今回脇田小と四中で一定耐震化がおこなわれると。とりわけ体育館ですね。ここでは屋内運動場と言う風に書いてありますけれども、この耐震化についてなんですが、双方とも体育館に入っていく階段のところですね、これの下にすごい隙間が出来ています。写真を亀井議員に撮ってきてもらったですけど、これが何によって隙間ができてきて、これも両方ともいっしょですけれども、それがもし耐震化ということにおいて必要なものであれば当然あわせて工事をしていく必要があると思うのですが、この点についてはどうされていくのかお聞きします。

答弁
 建物については、経年劣化が起こると言われております。委員ご指摘の状況については、地盤沈下によるものと思われます。ことことについては、建物の耐震化に必要なものであれば、積極的に耐震補強工事の中で実施していくとしています。
四中体育館耐震補強5.jpg 四中体育館耐震補強4.jpg 四中体育館耐震補強 3.jpg 四中体育館耐震補強6.jpg

カテゴリ

,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2010年10月16日 12:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「こんなふうに生駒山系が視えなくなっていった―――第二京阪道路建設」です。

次のブログ記事は「「百折不撓(ひゃくせつふとう)」――50年党員の交流会で」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01