酷暑の影響か?今年は相対的に細目の「レンコン」が多い

|
rentyan.jpg 蓮ちゃん「亀井議員、今年、私らいつもよりチョッとだけスリムなんよ」
亀井「そうらしいですね」「いつもレンコン栽培の実地研修をかねてお手伝いさせていただいている、北島のハス田の試し掘りの時も、門真市JA北河内の門真の営農研究会がいつも門真の農業祭で即売するレンコンを掘る下島町の試験田も『相対的に細目が多い』とお話を聞きました。
蓮ちゃん「やっぱり、あのムチャクチャな暑さが堪えたわぁ・・・」
亀井「全国各地のお米をはじめ農作物の出来が芳しくないと聞いていましたが、門真のレンコンにも影響があったようですね」
蓮ちゃん「台風がのうて、風の影響も無いさかい今年はエエと思たんやけど・・・」
亀井「農作物の栽培、生産は難しいものですね」
蓮ちゃん「ホンマ、ホンマ」 201011試験田3.jpg

反当り米の10倍の収入があったレンコン

亀井「蓮ちゃん、今年も門真の農業祭で販売するレンコンの洗いの手伝いに行ってきました」「今年で、5回目になります。去年は他の仕事と重なった為、行かなかったのですが、早いもので6年になります」「貴重なお話も沢山聴け勉強になっています」「北島のAさんのハス田も4年目になります。春の草刈、肥料撒き、秋のガラ刈り、年末のレンコン堀りと勉強させてもらっています」
蓮ちゃん「なるほど、そんで今年はどんな話が?」
亀井「レンコン洗いをしながら、昔話を聞きました。レンコン栽培が最盛期の頃のお話ですが、昭和40年頃は、お米を1反栽培すると反当り10万円、レンコンを栽培すると反当り100万円になったそうです」
蓮ちゃん「そやねん!その当時の100万やからたいそうな金額やった」「そやけど、機械も使わんとほとんど手作業やから、堪えたがなぁー」「みんな50歳くらいなると、腰痛やら膝痛やらあちこガタガタになってしもてた・・・」
亀井「職業病みたいな感じですね」
蓮ちゃん「そやねん、ようみんな頑張ったはった」
亀井「来年もまたレンコンの洗いをさせてもらいに行って勉強させていただきます」
202110ガラ刈り 1.jpg 202110ガラ刈り 2.jpg 202110ガラ刈り 3.jpg 202110ガラ刈り 4.jpg 201011試験田1.jpg 201011試験田2.jpg

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2010年11月11日 11:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「浸水対策の「寝屋川北部地下河川」を早く使えるようにして!」です。

次のブログ記事は「日本共産党南部・門真団地後援会ニュース11月号 №149号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01