「身体障害者世帯への軽自動車の減免拡大」 キッカケは、軽自動車販売店主の声

|
カメちゃん「亀井議員、12月市議会がもうとっくに始まってるけど、亀井議員が出席する総務・水道常任委員会は、どんなん?」
亀井「はい、12月16日に総務水道常任委員会が開催されました」「7議案の審議があって、身体障害者に対する軽自動車税の減免の適用範囲の拡大をする市税条例の一部改正とか6議案について賛成しましたが、『全国一スリムな行政』を掲げ、『より少ない職員で柔軟に対応しうる、一層簡素で効率的な行政組織の整備を図る』と強調して機構改革を進める『門真市事務分掌条例の全部改正』には、反対しました」

「軽自動車の減免拡大」は、職員のみなさんのガンバリがあってこそ
亀井冬1.jpg
カメちゃん「その、身体障害者世帯のへの軽自動車減免の拡大て、確か亀井議員が、10年以上前に、軽自動車を売ってる大将から『よその市では、大阪府とおんなじように、軽自動車かて18歳以上の身体障害者と生計を一にする家族が所有する軽自動車等について減免の対象にしてるのに、何で門真市はアカンのや!』といわれたんがキッカケ違ごた?」
亀井「そうです」「余りにも以前の事で、正確に何年何月か思い出す事が出来ません」「それ以降、何度も何度も議員団として議会で取り上げてきました」
カメちゃん「粘り勝ちやなぁー」「聞くところでは、まだ大阪府下で5市が実施してないて話しやから・・・よかったなぁー」
亀井「はい」「市税の担当部の職員のみなさんが、諸団体の話しも聞きながら実施に向けて頑張っていただいたんです」
カメちゃん「そらナンボ議員が言うても、市の職員の人らが動いてくれんと上手いこといかんもん、そらそうや!」「亀井議員のキャッチフレーズ『市政をリード・粘りで解決』の本領発揮やね!!」
亀井「はい!」 

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2010年12月18日 11:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第二京阪道路の「危険な交差点」改善され通行者から喜ばれています」です。

次のブログ記事は「思わんところで拍手もらいました―(仮称)自治基本条例を考える市民検討会を傍聴」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01