竜華(りゅうげ)水みらいセンターを視察しました・・・東部大阪治水対策協議会

|
201101竜華浄化センター 1.jpg  1月28日、東部大阪治水協議会の管内視察で、大阪府が管理している寝屋川流域下水道「竜華水みらいセンター(下水処理施設)」に行ってきました。

 「竜華水みらいセンター」は、府下で最も新しい昨年11月から供用開始されてた下水処理施設です。八尾市のJR大和路線の久宝寺駅の西側に位置する操車場跡を活用したものです。

 施設概要は、計画処理人口21万7千人、計画処理面積2912ha、処理能力現在69,000立米/日(全体計画138,000立米/日)、敷地面積4.2ha、総事業費約520億円。

201101竜華浄化センター 3.jpg 施設の特徴
1.下水処理施設が全て地下にある地下2階
2.地上部分は、民間活力を活かしスポーツ施設や商業施設に活用
3.汚泥処理は、約8km離れた下水処理施設に圧送して処理する
視察しての感想
1.臭気がこれまで視察したどの下水処理施設よりも少く、独特な温かさも感じませんでした。
2.地上部分の活用を、民間活力ではなく防災空地など公共的な活用をすべきと思いました。
201101竜華浄化センター2.jpg

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2011年1月29日 23:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「2011年亀井あつしリーフレット」をご覧ください」です。

次のブログ記事は「勉強になりました、風の本屋さんの「読みあい」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01