東日本大震災の影響がこんなところにも・・・

|


 東日本大震災に、被災されたみなさん、関係する方がたに心からのお見舞いを申し上げます。

清涼飲料水の不足やインターネットでの通信販売にも影響

亀井「カメちゃん、訪問の中で東日本大震災の影響が大阪にも色々と出てきてる事を実感しました」
カメちゃん「エー・・・」「どんなこと?」
亀井「ラムネの製造と清涼飲料を仕入れて自販機を各所設置されている方にお聞きしたのですが、ラムネを製造する機械の燃料が不足しているそうです」
カメちゃん「へー・・・」「東日本だけ違うのん?」
亀井「東日本の不足の影響が関西にも及ぼしているそうです」「それだけでなく、飲料メーカーの製造工場が東日本に集中しているだけでなく、ペットボトルや缶も東日本に集中している、また、コーヒー豆も東日本の港に荷揚げされているそうです」
カメちゃん「フーン」
亀井「いつも倉庫に山積みされていたコーヒーや炭酸飲料のケースがほとんど無く、発注しても、1ケースも入荷しない状態でした」
カメちゃん「大変な事になってるんやねエ・・・」「他にもあったん?」
亀井「インターネットでブライダル関連商品を通販している会社の方のお話では、大震災前の3分の1に発注量が減少しているとのことでした」
カメちゃん「そんなところにも影響があるねんなぁー」
亀井「東北方面のお客さんが多かったそうで、3月11日に宮城県に発送した荷物が、3日後に配達不能ということで送り返されてきたそうです」

街頭募金や50箇所で募金への協力を訴えました

カメちゃん「一日も早ように、復興してほしいな」「亀井議員も、選挙あるかも知れんけど震災にあわれたみなさんの力になってや!」
亀井「もちろんです」「私は、3月11日、市役所の3階で地震に遭遇しました」「3月13日は、私自身の事務所開きを控えていました、正直、事務所開きを中止しようかと思いましたが、みんなで相談した結果、開く事にしました」「震災に遭われたみなさんに哀悼の思いを胸にしながら、救援募金の訴え事務所開きに参加していただいみなさんが募金に応じてくれました」
カメちゃん「そうやったねエ」
亀井「その後、地域の銀行前で募金の訴え、午後からは、共産党だけの問題ではないと思い、今、自分に出来る事は何かと考え、『募金は、共産党だけでなく様々な団体のみなさんが取り組まれています』『現地に間違いなく届けられる団体の募金に積極的に応えてください』と担当地域内の50箇所で訴えました」
カメちゃん「そらそやね、いろんな団体や個人の方がたが、被災者のお役に立ちたいと思われてるもんね」
亀井「銀行前で募金を訴えていたら、幼児や、高校の野球部の青年、婦人、学校の先生、たくさんのみなさんが募金に応えてくれました」「お一人お一人に感謝を込めて『お預かりした募金、必ず現地のお届けします!』と言うと、眼で頷き返していただきました」
カメちゃん「考えが違う違わん言うてる場合や無いもんね」「『国難』やて志位さん言うて張ったけどホンマそや」「亀井議員、6回目の選挙勝つだけやなしに、震災の被災者のみなさんの救援、それと、門真市民を災害から守れる門真にする為に奮闘努力を心からお願いします!」

日本共産党の志位委員長福祉・防災に強い新しい日本を志位委員長の街頭での訴え 新宿駅西口(11.3.24)

カテゴリ

,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2011年3月29日 00:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大阪市営地下鉄 「門真南」駅にホーム転落防止柵設置へ!」です。

次のブログ記事は「花々に囲まれたポスター」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01