「東日本大震災」救援活動と被災地調査報告会をしました

|
20110519震災報告会1.jpg カメちゃん「『東日本大震災現地救援活動現地調査報告会』てえらい長ったらしい報告会やったんやね」
亀井「はい」
カメちゃん「どんな報告?」
亀井「ホームページでも紹介しました震災調査写真1震災調査写真2大船渡市でのボランテア活動の内容について被災地の写真を、紹介しながら、被災地のみなさんから直接お聞きした話をさせていただきました」

写真を見て声もない出席者

カメちゃん「出席してはった皆さんは、どないでした?」
亀井「すさまじい被害状況に、声もないという感じでした」
カメちゃん「例えば?」
亀井「陸前高田市の海に面した公共住宅が、津波で4階部分まで破壊されつくされて5階部分まで津波による被害や、仙台港の液状化現象で地盤沈下・地面が移動した写真など熱心に説明を聞いていただけました」
カメちゃん「あの写真を見てビックリしたもん・・・」「ムチャクチャな破壊力やもんね」「あんなことが、門真で起こったらとんでもないことになる」「『防災に強い門真』目指して亀井議員も頑張ってや」「それと救援活動の報告ではどやったん」
亀井「避難所の皆さんも自宅は無事でも、漁船や農地をはじめ仕事が出来ない状態であり、被災地域が広範囲にわたり復興が長期化することなどを説明しました」「そして救援募金や救援物資が待たれていることも訴えました」

被災現地の状況を知ってもらい救援の輪を広げる

カメちゃん「みなさんはどんな風に受け止めてくれました?」
亀井「募金を一括して出すか、長期にわたって少しずつ出すのがいいか聞かれたり、物資はどんなものが特に求められているのか質問されました」
カメちゃん「被災現地の状況を知ってもろて、救援の輪をもっと拡げなアカンね!」
亀井「引き続き頑張ります」

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2011年5月23日 20:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東日本大震災調査写真2―岩手県・宮城県」です。

次のブログ記事は「5月臨時議会終わる―国保料40歳以上の4人家族が所得500万円で77万円(15.4%)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01