引き波の恐ろしさ実感・・・大船渡市三陸町吉浜の根白漁港から写真が届きました

|


 2011年3月11日の東日本大震災による津波の様子について、三陸町吉浜の根白(こんぱく)漁港で漁業に従事されている、伊藤久直氏の奥様が撮影された写真を、岩手県大船渡市会議員の田中英二氏より、「みなさんに見てもらいたい」という思いから3枚の写真を私宛に送ってこられました。是非ご覧ください。

 下記の記述は、田中英二議員のコメントです。

1枚目の写真 2010年12月頃の根白漁港
 静かで、のどかな夕方。ながく突き出した防波堤の先には赤灯台があり、港の内には、サケ・マスなどの回遊魚をとる定置網漁やイカ釣りの中型漁船。また、わかめやホタテの養殖に使う船が下の作業場の青屋根のかげにつながれている。左は塩蔵わかめなどの作業小屋。

大船渡市吉浜根白漁港元の風景.jpg

 2枚目の写真
 第一波は、手前のガードレールの、中ほどまで登った。左の小屋は、波にはじかれて傾き、つながれていた漁船は巻き込まれて転覆している。下の作業場の青屋根は波にかくれている。

大船渡市吉浜根白漁港津波.jpg

3枚目の写真
 津波が引いて、防波堤の基礎まで海底が見える。渦巻いて、漁船がかたまって転がっている。防波堤も破壊された。養殖用の浮き玉のついたロープも、からまっている。次の波がせまってきた。

大船渡市吉浜根白漁港引き波.jpg

カテゴリ

,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2011年6月 1日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「大阪市営バスの停留所もう1つ三ツ島に開設して!」と頼まれました」です。

次のブログ記事は「防波堤復旧は、2年から3年先・・・船を係留出来ない・・・どうやって食べていこう・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01