防波堤復旧は、2年から3年先・・・船を係留出来ない・・・どうやって食べていこう・・・

|
大船渡市吉浜根白漁港引き波.jpg 岩手県大船渡市の田中英二党市会議員に写真送付のお礼の電話をかけさせて頂きました。田中議員のお話によると、防波堤が津波によって破壊され船が港に係留する事が出来ない状態になっているとのことでした。

 台風2号が温帯低気圧に変わりましたが、現地では深刻な状況になっているとのことでした。防波堤が無くなり、太平洋からのうねりがまともに入って来る。シケが来ると波にもまれ漁船を置いておくところが無い。

 実質、漁が出来ない。まともな漁が出来ない、防波堤の復旧には、2年から3年はかかる。「どうやって食べていこうか・・・」というのが現地の実情であるとトツトツと話されました。

カテゴリ

,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2011年6月 1日 21:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「引き波の恐ろしさ実感・・・大船渡市三陸町吉浜の根白漁港から写真が届きました」です。

次のブログ記事は「6月議会№1 民生常任委員会―答弁でこれまでの「相互扶助」から「国保は社会保障」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01