雲外蒼天

|


今年もよろしくお願い申し上げます。

昨年暮れ、これまで読んだことの無い作者の本、シリーズものの時代小説を探しに、書店へ行きました。買ってきたのは、高田郁(かおる)さんの「みをつくし料理帖」。

シリーズ第1巻目「八朔の雪」の章で、主人公が易者から「頭上に雲が垂れこめて真っ黒に見える。けんど、それを抜けたところには青い空が広がっているー」「艱難辛苦が降り注ぐ。その運命は避けられん」「けんど、その苦労に耐えて精進を重ねれば、必ずや真っ青な空を望むことが出来る」という件(くだり)がありました。

日本共産党に入党した当時の自分の思いを表す4文字熟語でした。「雲外蒼天」、自分(達)を励ますにピッタリの言葉でした。(初めての飛行機搭乗を思い出す

高田郁さんの「みをつくし料理帖」、いっぱいグッとくるところがありました。人の優しさ、悲しさ、思いが行間から感じられました。今年のいい出発点になる作品でした。

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2012年1月 8日 10:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「大阪モノレール」は、ホームドア・可動式ホーム柵設置計画が無いの?」です。

次のブログ記事は「2月5日に開所式・・・デッカイ日本共産党地区新事務所看板」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01