和歌山市「ぶらくり丁商店街」に行ってきました・・・空き店舗活性化の取り組み

|
20120209ぶらり丁1.jpg 2月9日、和歌山市にある「ぶらくり丁商店街」に行ってきました。

12年前から「中心市街地活性化法」に基づく「和歌山市の中心市街地を活性化する」ことを目的にした第3セクターのまちづくり会社を中心に取り組みが進められています。(株式会社ぶらくりは「まちづくり会社」ホームページを参照しました)

商店街には、和歌山市が後援するぶらぶら繁盛(半畳)市運営事務局まちなか交流スペース「みんなの学校」、若者を対象に就職を紹介するハローワーク「カフェわかやま」、和歌山県産の物品を販売するアンテナショップ「ぶらくり・わかやまマーケット」、NPO紀州お祭りプロジェクト、子育て応援の「キッズステーション」、テレビ放映スタジオの「ウォーカーステーションTV」、デーサービス「BLISSぶらくり」など空き店舗活用がおこなわれていました。

20120209ぶらり丁2.jpg 訪れたのが平日であった事もあり、人通りはまばらでした。買物をしながら、お店の従業員の方に空き店舗活性についての取り組み状況を尋ねたところ「『みんなの学校』でイベントを開催すると、たくさんの方が商店街来て活気が生まれる」と教えていただきました。(訪問時は開店していませんでしたが、2月11日も「ぶらぶらマーケット冬の陣 ぶらぶら繁盛(半畳)市」を開催)

子育て応援の「キッズステーション」では、子育て真っ最中のお母さん達が、楽しそうに話をしていました。

又、市内各地から「ぶらくり丁」に来てもらう為、「バス100円補助」を発行しています。
行政と商店街がいっしょに活性化に向けて努力が重ねられている事を現地を訪れて感じました。

20120209ぶらり丁3.jpg 20120209ぶらり丁4.jpg 20120209ぶらり丁5.jpg 20120209ぶらり丁6.jpg 20120209ぶらり丁7.jpg 20120209ぶらり丁9.jpg 20120209ぶらり丁10.jpg 20120209ぶらり丁8.jpg

カテゴリ

,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2012年2月 9日 23:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大阪モノレールのホームに「転落防止可動柵」設置について申し入れ」です。

次のブログ記事は「家族で「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を見た帰りの会話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01