「昭和レトロの青梅宿」に行ってきました

|
亀井冬1.jpg 2月14日、東京都青梅市の「昭和レトロの青梅宿」と多摩モノレールの見学に行ってきました。
ここ数年、私は門真のまちおこしの参考にならないかと、大分県豊後高田市東京墨田区押上の現地見学をしてきました。
テーマは「昭和」です。各地を訪れて思うことは、「江戸・明治時代」をテーマにした場合は再生が必要です。「昭和」は現状を維持すれば残すことが可能です。特に「昭和後半」。
まだ、自分自身のシッカリとした構想には至っていません。徐々にイメージは出来上がっているんですが、もう少し考えたいと思っています。もう少し他市の取り組みも調べたいところです。 今回訪れたのは、JR青梅駅から旧青梅街道沿いの「昭和レトロ商品博物館」「赤塚不二夫会館」「昭和幻燈館」「昭和の小路」「キネマ通」一帯です。映画の看板が商店に掲げてあってなんともノスタルジーな雰囲気でした。
20120214青梅1.jpg 20120214青梅2.jpg 20120214青梅3.jpg 20120214青梅4.jpg 20120214青梅5.jpg 20120214青梅6.jpg 20120214青梅7.jpg 20120214青梅8.jpg 20120214青梅9.jpg

カテゴリ

,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2012年2月15日 00:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「家族で「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を見た帰りの会話」です。

次のブログ記事は「ホームに「転落防止可動柵」のある多摩モノレールを見学」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01