府営門真団地に舞う蝶々たち

|
団地蝶2.jpg  府営門真団地在住のAさんが、団地内に様々な蝶々が飛んでくる。はじめは何気なくデジカメで写していたそうです。そのうちに思いの外、種類が多いことや、花によって寄ってくる蝶が違うことにも気づいたそうです。「一番蝶が飛んで来たのは、ランタナの花だった」と言われていました。とても興味深いお話だったので、写真を私のホームページで紹介したいとお願いすると快く了解をいただきました。
団地蝶3.jpg 今回、勉強になりました。「蝶」と「蛾」を区別するのは、むつかしいことを知りました。蝶と蛾の仲間を鱗翅目(りんしもく)というそうですね。また、学問的に定義をもって区別できない。言語的にも区別がない国もあるようです。団地蝶4.jpg 団地蝶5.jpg 団地蝶6.jpg 団地蝶7.jpg 団地蝶8.jpg 団地蝶9.jpg 団地蝶10.jpg 団地蝶11.jpg 団地蝶12.jpg 団地蝶13.jpg 団地蝶14.jpg 団地蝶15.jpg 団地蝶16.jpg

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2012年9月16日 22:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「9月市議会が始まり、民生常任委員会で国保滞納者への学資保険差し押さえなど質問」です。

次のブログ記事は「「府住削減反対連絡会」のみなさんが門真団地へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01