家主の大阪府は何してんのン?門真団地グチャグチャの「引っ越しゴミ」

|
20150222門真団地引っ越しゴミ2.jpg 20150222門真団地引っ越しゴミ4.jpg 20150222門真団地引っ越しゴミ3.jpg 20150222門真団地引っ越しゴミ1.jpg  府営門真団地の第一期工事が1月末に完了し2月初旬から新築された住宅への引っ越しが行われれています。
 引越しに伴う大量のゴミが、転居前の建物前の道路際や空き地、建替えられた新しいゴミ置き場にも無秩序に放置されていました。
  古い家具、電化製品、古着、金物類、陶器、ビン・カンなど様々な廃棄物が一緒くたに山積みされています。
 新築のゴミ置き場に放置されたゴミは、自治会役員のみなさんの努力で解決されました。(写真のゴミ置き場は、自治会役員のみなさんが分別された後の写真です)
 門真市のクリーンセンタ業務課も引っ越しに伴うゴミ収集について積極的に対応してきました。
 ところが、家主である大阪府の担当部は、無秩序に放置されたゴミ問題への対応をしていませんでした。(張り紙には、門真市クリーンセンターと自治会名はありますが、大阪府の「府」の字もありません)
 2月17日、日本共産党堀田文一府会議員に相談しました。
 早速、堀田府議より、府の担当部にゴミの取り扱いについて対処することを申し入れてもらいました。
 翌日、大阪府より市クリーンセンタ業務課に対し、善処する旨の連絡がありました。

カテゴリ

, ,

このブログ記事について

このページは、亀井あつしが2015年2月24日 20:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ムチャクチャ危ない市道三ツ島東西線、歩道整備の署名に取り組む」です。

次のブログ記事は「門真団地の引っ越しゴミ片付きました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01